節約や蓄えについて

こちらは、コストダウンや貯えについて、コストダウンは極力だめ負担がかからないように、見込めるケースだけして、極力懸念に思わないようにしたり、貯えはとれるところしたりしておいたので、ココ何年か分の生活費を貯えすることができてよかったです。
そのおかげで、コストダウンや貯えをしていると働いている間にはブランクがあったり、そのおかげで販売ができていないときの生活費になっていたり、何か自分が困った時にも、反動したりする事ができていたり行う。
それに何か意図があれば、達成することも可能です。
例えば、何かほしいかというものを意図を達成できるかどうかは、その人にかかっています。
それでも、その人が前向きに頼れるなあと思うものがあれば、コストダウン貯えには時間はないと思います。
それに、前向きな意図とは何と思いますが、何の案件に取り扱うのか、何がほしいかとかなんでもいいのですが、
めったにこのことを懸念に思わないようにする為には、意図を決めてしまうことも大事ですが、わざと決めない意図を達成するのも良い事なのではないかと思います。
意図を決めすぎて、逆に段々辛くなって着ているも困ります。
悲しいのではなく、自然にできるようなコストダウンや貯えでありたいと思います。