母に教わり楽しみながら節約ライフ

実家で暮らして30年。結婚するまで母にご飯を作ってもらい掃除洗濯も全て母に任せて、私は仕事と自分の趣味やデートにと時間を費やしていました。
しかし結婚して会社を退社して専業主婦となり、主人のお給料のみで家計をやりくりすることになりました。
子供もすぐに産まれたので、仕事復帰まではあと数年掛かるとしても、お給料の昇給も望めない今、毎月マイナスなるこの家計費をどのようにやりくりしたらよいか分かりませんでした。

ここはやはり人生の大先輩の母に、アドバイスをと実家を訪れました。私の他、母には子供が3人いて大変な暮らしの中でどのようにやりくりしたかを聞いてみました。
すると母は「節約」の一言でした。増える見込みのない収入を当てにせず、消え行くお金を減らすしかないとのことでした。

まずは食事です。気軽にコンビニにて食べたい時に食べる物を買うことを止めました。
スーパーで底値で購入した食品を冷凍などをしてストックをし、しかも飽きの来ない美味しくて体によいメニューを作る作戦にしました。
節約は苦しいものではなく楽しむものだと母に教わり、フリージングも可愛いシールを貼ったり、メニューはレストラン風に名前を付けるなど明るく節約しました。
また電気代はアンペアを40から30アンペアに設定し直しました。お風呂は追い焚き時間を短くするため、子供と夫と3人で入浴します。子供も喜ぶし、一石二鳥です。

まだまだ他にも節約ライフを見つけて楽しみたいと思います。