将来必要となる資金に備える

若い頃は入ってくる収入のほとんどを使いきってしまう生活をしてしまうケースもよく見られます。

しかし今後いっそう社会保障制度が悪化してくるのが必然ですから、経済的にも自己防衛をしなくてはなりません。

特に年金生活になるまでの期間に十分な資金を貯めておかないと、ゆとりのある安心できる老後を迎えることができません。

毎月どれだけ貯金をするかをきちんと計画的にするようにしましょう。

なるべくなら利回りのいい条件で貯金をするなり資産運用をするといいでしょう。

ただ保有している資産のほとんどを資産運用に回してしまうと、たとえ利回りはよき資産を効率よく殖やすことはできても、いざすぐにお金がいるときにその大半が動かしにくい状態にあるというのはかなり不便なことになってしまいます。

そこで毎月計画的に資金を貯めていくことが何よりもの条件となってきます。

その上

で流動性がありすぐに使える普通預金と定期預金やそのほかの資産運用のように長期的にするより利回りのいい運用手段を分けてするべきといえます。

将来もらえる年金も含めて、いったいどれだけの金額があれば年金生活になっても大丈夫かという想定をしてみて、それにふさわしい水準の暮らしかたを早くから始めるべきといえます。