私の節約術と貯蓄術の失敗と成功

まず節約と言えば、電気ガス水道など、私生活の節約を皆さんは考えるのではないでしょうか。
私もそうでした。はじめは頑張って取り組むのですが節約の二文字が頭から離れずストレスになり、結果的に続かないのです。あくまでも私の場合ですが。
ライフラインの節約はきついものがありますし夏場の節電などは命の危険さえあります。この節約方法は諦めました。とは言っても使いたい放題のわけでわなくメリハリをつける事は心がけています。
例えば、早寝早起き、お風呂は家族で時間を開けずに7時から8時の間に入るなど電気やガスなどの「無駄使い」をなくすだけ。この方法は生活サイクルも作られ健康的にも◎です。

買い物の際、火曜特価やポイント何倍などをうたい文句に集客している事がありますが、これも節約や貯蓄とは真逆の方法だと思い私はしません。
安いときにたくさん買う事はお得かと思われがちですが余分なものを買ってしまう恐れがあるので貯蓄には良くないですね。必要な時に必要な分だけ買う方法が貯蓄への近道なんです。
冷蔵庫の中に食材を入れすぎず、そこにある食材だけで料理をする。これはレシピのレパートリーが必要ですがスーパーなどでの「無駄買い」がなくなり節約や貯蓄につながるのです。
ですがこの方法で、質素な生活をしたことがあり体を壊したこともあります。

節約や貯蓄というのはすぐに結果が出るものではありません。
先の事や自分が置かれている状況を把握したうえで無理なく「無駄」を省くことが節約、貯蓄に繋がるので基本はライフラインの「無駄」を無くすことを心がけています。