クレジットカードは節約にプラスかマイナスか

節約に関連するものとしてクレジットカードの扱いをプラスと考えるかマイナスと考えるか二通りの意見をよく聞きます。節約をして貯金に励むためにはクレジットカードは持たないほうがいい、使わないほうがいいという意見があります。

それは現金を持たなくても次々と買い物ができるために、必要以上に買いすぎてしまうという例があるからだといえます。カード破産という言葉もあるとおり散財するイメージや借金のイメージが節約や貯金にとってマイナスと考えてしまう理由だと思います。

しかし一方ではクレジットカードは年会費無料、1回払いで固定費の支払いのみに使用するなどすれば無駄なくポイントも貯まってお得ということで節約手段として有効活用しようとするのがプラス面としての考え方といえます。私は実際にはクレジットカードは節約に関してプラス面の考え方で利用しています。

衝動買いにクレジットカードは利用しませんし、手数料が発生するような使い方をしないようにしています。海外旅行保険なども付帯していれば保険料も節約できますし、ネットでカード払いなどでわざわざ出向いて支払うという機会損失もセーブできるのではと考えています。紛失や盗難になっても最小限の被害で済みます。

このようにみるとプラスかマイナスかは使い方次第ですが、私は節約にプラスだと思います。