買わないことが最高の節電に繋がる

先日冷蔵庫が壊れたとマイホームからお知らせがあり、雰囲気を見にマイホームに行ってきました。
確かに冷凍庫の冷気が軽く、今や反対になったかもしれないと思いました。
しかし最も驚いたのは、女が冷蔵庫の中に沢山のものを収集しすぎて要るという面でした。
自分でも、何をどれくらい保存しているのかを正確には把握できないで要るみたいでした。
こういうことが無駄な浪費に達するのです。
少ないからと言ってむやみやたらに買ってはいけません。
食材でも衣裳でも、買わないことが最高の削減になるのです。
例えば、衣裳なども、はおることもなくウォークインクローゼットの肥やしになっているファッションがあるとするならば、それは無駄な費消をしたという事になるのです。
食材だって、安っぽいからと言って買ってはみたものの、冷蔵庫のなかで悪くなってしまったり、冷凍庫の中で劣化してしまったら、それこそ小遣いの無駄。
どうしても、かじ取りができないような買い方はしてはいけないのです。
何時食べるか、何時使うか、何時着けるかという事をちゃんと考えたうえで、何でも買わなければいけません。
そうすると、必然的に費消が減ります。
薄く買って一概になくなる。使い切ってから次の物を貰う。衣裳やお日様装備は果たして羽織る物、ちゃんと取り扱うものだけを買うように決める。
そうして費消を切り落とし備蓄は繰り返す事が出来るのです。