簡単小銭貯金。ちりも積もれば山となる

貯金をしようしようと思っても、できる人はできるし、できない人はできませんよね?

かくいう私も、

「この1万円は別の口座に貯金だ!」

なんてしても、お金が足りなくなったときに、

そういえば、あのときの1万円があるじゃない!

と引き出してしまうことがしばしば。

似たようなことに覚えのある方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

そんな私が貯金をするのにおすすめするのは、小銭貯金。

よく500円玉貯金っていうのもありますけど、あれは500円を作るのが結構難しいと私は思います。

じゃあ、なんなの?その小銭貯金って。

というのは、

50円玉以下の硬貨を貯金するというものです。

つまり、

50円 10円 5円 1円 を貯金するのです。

方法は簡単。

自分がお金を貯めたい容器や貯金箱など、なんでもいいので準備します。

そしたら、1日に一回ほとんどの人は財布を触りますよね?

出かける前に、自分の財布の中身をあけて、該当の小銭だけを取り出して、貯金してしまえばいいのです。

小銭というのは、お札と比較してあきらかに重い。

それを財布にぱんぱんにいれておくのって、ちょっとみっともない。

でも、あると、細かく払うときに便利だし。

と思うかもしれませんがその逆。

財布の小銭は100円 500円だけ。

支払いで細かいお金がきたらそれを貯金。

この方が計画的に貯金しなくとも、どんどんお金はたまっていきます。

また小銭なので、いざというときに、使う気がおきないんです。

そうすると、かなりの額たまることになりますので、おすすめです。

半年に1万円ぐらいはいきますね。

そうやってチリも積もればの貯金方法、ぜひお試しください。